HuRP紹介 イベント 報告 参加・応援 リンク サイトマップ お問い合わせ トップページ  
HuRPで行った又はこれから行うイベントです。
人権・平和のための語学教室   HuRP主催イベント おとなの社会科見学 Petit おとなの社会科見学
 
※画像をクリックすると詳細をご覧になれます。(PDFファイル)
『望郷の鐘』 上映会

このたびHuRPでは、山田火砂子監督の映画『望郷の鐘』制作意図に共感し、上映会を開催いたします。
この映画を通して満蒙開拓団の真実に触れ、日本が行ってきた戦争の実態を知ること、その重要性を再認識できると思います。HuRPは今後も人権と平和をテーマにイベントや勉強会を開催していきます。

【日時】 2016年8月6日(土) 18時30分上映開始(18時開場)

【会場】於・伊藤塾東京校 <地下1階501B>
東京都渋谷区桜丘町17-5
【会場の詳細はこちら】

【参加費】
一般 500円 (事前申込400円)
学生 300円 (事前申込200円)
伊藤塾塾生/法学館憲法研究所・HuRP賛助会員 200円

【事前申込・お問合せ】
法学館憲法研究所
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-5
TEL:03-5489-2153 FAX:03-3780-0130
Mail:info@jicl.jp
事前申込の方は、「望郷の鐘・上映会参加希望」とし、お名前・ご連絡先を上記のいずれかにお知らせください。


『望郷の鐘』
上映時間102分 (DVD上映)

昭和二十年三月十日の東京大空襲以後、東京他都市という都市は空襲によって壊滅状態となり、八月には広島・長崎へ原子爆弾を落とされて日本は敗戦を迎えますが、その直前の昭和二十年五月一日長野県より、東京は八月四日に、その他の県からも中国大陸の東北部の満州に疎開と称して出かけて行ったのです。
戦前に報道規制によって中国での真実は知らされず、満州に行けば平和が待っているという話を信じまた夢を見て多くの日本国民は出か けていきました。その方々のほとんどは帰れないか死ぬために出かけていったのです…知っていたなら行く人はいなかったはずでした。
『望郷の鐘』オフィシャルサイト 作品紹介より)

-----
山田火砂子監督は舞台挨拶や、各紙のインタビューで語っています
“戦争は二度と起こしてはいけない。国家のウソを見破るのは簡単でないが、満蒙開拓団が客観的には侵略者だった事実は消すことはできない。国家に尽くした日本国民は加害者であって、被害者であったのです”と。
-----
  2012年6月9日 出版記念講演会
金大中氏の功績と「金大中図書館」

  2008年7月27日 HuRP3周年記念イベント
人権ツアーに行こう!――「白鳥事件」、「軍隊のない国家」を歩く

  2008年4月26日 HuRP連続企画 「冤罪事件について学び考える」
講演会「志布志事件から警察の捜査の現状を知る」

  2007年4月27日 いま,裁判と人権を考える
-- 55年経ったいま,「白鳥事件」から何を見るか

  2007年4月12日 人権についてもっと考えて、僕達が出来ることをしていきたい
HuRP、中学生と人権・平和を語り合う

  2006年4月23日 HuRP一周年記念イベント「9条てんこ盛り」

  2005年8月15日 耳に残るはHuRPの音色 vol.2
「小国」でいいっしょ。〜8・15 楽しい「未来」を創造してみる〜

  2005年6月18日 「JAPAKORE(ジャパコレ)」(ビビンバ教室)

  2005年3月27日 ハープ設立記念イベント 「耳に残るはHuRPの音色 vol.1
〜「人権・平和」を抵抗なく語るところからはじめてみる〜」


さまざまな言語で書かれた、人権や平和についての文章を原文で読んでみませんか?
その国の豊かな精神文化にふれて、毎回、何かひとつ言葉を覚えて帰れば、それまでと違った視点で物事を見ることができるかもしれません。

第5回 英語

講師: レイナ・ルセンコさん(アメリカ合衆国サウスカロライナ州出身。翻訳家。)

 日本で約10年間、フリーの翻訳家として活躍する傍ら、路上生活者支援の「ほしのいえ」、在日外国人支援の「APFS」など、多くのボランティア活動に参加。学生時代から様々な差別・人権問題に関心を抱くようになったそうで、LGBTに関するボランティアもしている方です。
  15年以上多様な市民運動に携わるレイナさんに、ご自身が主に取り組むボランティア活動について考えること、活動を通して学んだことなど、英語と日本語で語っていただきます。

大きな地図で見る

【日時】 2010年4月10日(土曜日)
      14:00〜16:00

【場所】 内神田集会室(洋室(料理室))
住所: 東京都千代田区内神田1−1−3

【参加費】 300円

参加をご希望の方は、メールでご連絡ください。
  2009年10月3日 HuRP連続企画
人権・平和のための語学教室 第4回イタリア語

  2009年4月11日 HuRP連続企画
人権・平和のための語学教室 第3回モンゴル語

  2009年2月7日 HuRP連続企画
人権・平和のための語学教室 第2回 ドイツ語

  2008年11月29日 HuRP連続企画
人権・平和のための語学教室 第1回 ティグリニャ(Tigrinya)語
おとなの社会科見学
この目で見ること、その地に立つこと、肌で感じること。
このツアーでは、さまざまな「現場」を訪れて、時代背景の解説やその場の声を聞き、それぞれが思い思いのやり方で、何か「おみやげ」を持って帰ることができたらと思います。
ほんの小さな想像力は、しばしば大きな創造力となって、物事を変える原動力になるからです。

こちらのイベントは終了いたしました。多数の方々のご参加を有り難うございました。
HuRP 5周年記念 おとなの社会科見学バスツア―
50年目の砂川・横田・朝霞
―東京・安保をめぐるバスツアーのお知らせ
日本国憲法をもつこの国で、「日米安全保障条約」とは何だったのか、その下で何が行われてきたのか。そしていま、それがどう変わろうとしているのか。日米安全保障条約改定から50 年目の今年、それを確認することは、わたしたちが、この国にとっての平和と「安全保障」を考える際に、役に立つにちがいありません。
東京・安保のある風景として、3つの基地を大型バスでめぐります。それらすべてで、レクチャーをしていただけることになりました。ひとりひとりの生活と、平和、そして安全保障について考えてみませんか。

【日時】 12月4日(土) 10:00 集合〜17:00 解散

【参加費】 2000円(施設入場料込み)/お弁当を持参してください。

【参加定員】 40人(事前予約制/12月3日(金)締切/定員になり次第締め切らせていただきます)

【集合場所】立川市・市制50周年憩いの場公園
(立川駅北口(JR 中央線)より徒歩5分)

参加ご希望の方は、メール または、FAX 03-3234-3231 までご連絡をお願いいたします。
【コース(予定)】

10:00 上記に集合→大型バスにて出発

10:15〜11:45 立川→砂川→
「砂川闘争の記憶」島田清作さん
砂川闘争についてのお話をうかがい、適宜下車して、阿豆味天神社(あずさみてんじんじゃ)、
砂川闘争史碑「平和の礎」、砂川学習館などを見学します。

12:00〜13:30 横田飛行場→
「横田基地とはなにか」盛岡暉道さん
横田基地の外周(ゲート、基地内施設、飛行機、滑走路など)をバスの中から見学し、高台に上って滑走路全景を展望します。横田基地訴訟についてのお話もうかがいます。

<瑞穂町施設あるいは車中で昼食(お弁当)をとります>

13:30〜17:00 自衛隊朝霞駐屯地・自衛隊広報センター
「朝霞駐屯地と陸上自衛隊」宮前節子さん
演習場などを車窓から見学し、朝霞駐屯地のお話をうかがいます。その後、「自衛隊広報センター」を見学します。
 


憲法・人権・平和に関係する都内近郊の施設を日帰りで訪問します。訪問予定などはブログ「水曜会議」 に出ます。飛び入り歓迎!
 
  2007年7月22日 映画『パッチギ LOVE&PEACE』を観る

  2007年1月9日 防衛省

  2007年3月17日 内灘闘争の地

  2006年11月12日 昭和館

  2006年9月1日 アウシュビッツ平和博物館訪問

  2006年11月3日 立命館大学国際平和ミュージアム

  2006年7月29日〜30日 足尾銅山編

  2006年8月22日 都立第五福竜丸展示館編

  2006年7月23日 陸自富士学校編

  2006年7月22日 明治大学博物館刑事部門

  2006年7月15日 憲政記念館訪問

 
HuRP紹介 イベント 報告 参加・応援 リンク サイトマップ お問い合わせ トップページ  
Copyright(C)2005 HuRP All Rights Reserved.

特定非営利活動法人 人権・平和国際情報センター
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-17-8 丸十ビル402号 【MAP】
TEL/FAX 03-6914-0085 E-Mail